曲のウクレレコードを無料で調べたい…そんな人におすすめのUフレットを紹介


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



好きな曲のウクレレのコードを知りたい。そんなことありますよね。

1曲だけ弾くためだけに本を買うのはもったいないし、そもそも楽譜が市販されていない場合もあります。

そんな曲のコードを調べるのに便利なのが、「Uフレット」というコード譜の専門サイト。

Uフレットでは膨大な数の曲のコード譜が公開されており、 コード譜を見たり簡単な機能を使うだけなら無料で利用できるのですよね。

機能も充実しており、ウクレレのコード譜を探しているのなら、チェックする価値はあると思います。

というわけで以下、簡単にではありますがUフレットをご紹介します。


初心者にいちおしのウクレレ講座です




Uフレットの特徴と機能

Uフレットは、ウクレレをはじめ、ギターやベース、ピアノといった楽器のコード譜を見ることができるサイト。

コード譜を公開しているサイトは他にもありますが、Uフレットではコード譜を利用するにあたって便利な機能が複数提供されており、 他に比べると使い勝手が良いのですよね。

以下、そんなUフレットの主な機能についてまとめてみました。


指板図が表示されているので初心者にも使いやすい

コード譜と一口にいっても、サイトによってその中身は様々で、 なかにはコードしか書かれていないシンプルなコード譜サイトもあります。

ですがUフレットでは、1つのページにコードだけでなく指板図(押さえる弦を示した図)も掲載されているため、 見ただけで弦の押さえ方がわかるのですよね。


指板図のあるコード譜

これ、初心者にはかなり便利な仕様だといえます。



初心者の多くはまだ覚えているコードが少ないため、 コード譜に指板図がないと、わからないコードが出てくるたびに指使いを調べなくてはなりません。

しかしUフレットにあるような指板図が掲載されたコード譜であれば、 譜面を見るだけでコードの押さえ方がわかります。

いちいち調べる必要がないため、練習するにあたって時間を無駄にしません。


移調することでコードを簡単にできる

ウクレレでは、カポタストと呼ばれる専用の道具をつかって弦の音程を変えることがよくあります。


カポタスト

なぜ弦の音程を変えるのか?ですが、同じ曲を弾く場合であっても、 弦の音程を変えると弾くべきコードも変わります。

難しいコードの曲でも、弦の音程を変えることによって簡単なコードに変えることができれば、初心者でも弾けるようになります。

コードを簡単にするために、ウクレレの音程を変えるわけですね。



ただ、市販本などに載っている譜面を使ってウクレレを練習している場合、 カポタストでウクレレの音程を変えてしまうと、その譜面では対応できなくなります。

ウクレレの音程にあったコードの譜面が必要になるわけですが、本ではそれは難しいですよね。

しかしUフレットでは「移調機能」が提供されているため、カポタストでウクレレの音程を変えた場合でも、 その音程にあわせてコード譜を移調させることができます。

簡単なコードに変えるためには、どの程度移調すればよいか?などもわかるため、 特に初心者にとっては重宝するはずです。


楽譜の自動スクロール機能がある

パソコンやスマホでコード譜を見ながら練習しているとき、楽譜が上下に長いとスクロールさせなくてはなりませんよね。

しかしウクレレを弾いていると、スクロールさせるために手を弦から離さなくてはならず、不便です。

ですがUフレットでは、譜面を自動でスクロールさせる機能に対応しています。

譜面をスクロールさせたいときには機能をオンに、 そうでないときには機能をオフに…といった具合に、場面に応じてスクロール機能のオンオフを行うことが可能です。


動画でコードと演奏を見ることができる

単にコード譜を見るだけでなく、どのように演奏するのかを知りたいときや、 実際の曲のメロディなどにあわせてウクレレを練習したいことってありますよね。

特に初心者の場合、コード譜だけではどう弾けばよいかがわからないことも少なくありません。

その点、Uフレットではすべての曲ではないものの、一部の曲では演奏動画を見ることができるため、 初心者でも演奏の雰囲気をつかみやすいです。

動画にもコードや指板図が掲載されているため、どのように弾けばよいかが見るだけでわかります。

ウクレレの練習には重宝するはずです。


Uフレットには有料の「プレミアム」もある

コード譜としては非常に便利なサイト「Uフレット」。

基本無料で利用できますが、有料のUフレットプレミアムではより多くの機能を利用できるようになっています。

・広告表示がない
・曲のキー設定が充実
・スクロール速度が変更できる
・コード譜の編集や保存ができる
・より演奏性、操作性を最適化した動画が利用できる

ほか

580円(税込)/月で有料会員向けの機能を利用できます。

無料でも十分に便利に利用できるのですが、 Uフレットを頻繁に利用するのであれば、有料のプレミアムを申し込むというのもありでしょう。

より詳しい機能については、Uフレットのサイトをご覧ください。



ソロなど変則的な弾き方には対応していない

以上、Uフレットをご紹介させていただきました。

Uフレットのようなサイトは、ウクレレのコードを知りたい人には非常に便利でありがたいと思います。

ただ公開されているのはコード譜のみであり、ウクレレソロをはじめ、変則的な弾き方を知ることはできません。

ウクレレをはじめたばかりの頃はともかく、 ウクレレが上達してくると、コードを弾くだけでは満足できなくなることがほとんどです。

より複雑な弾き方やコード以外の弾き方を知りたい場合は、市販されているウクレレの楽譜などを利用しましょう。

Uフレットのようなサイトは、ウクレレで弾き語りをしたい時に活用するのがおすすめです。



最短でウクレレを上達させたい人におすすめの通信講座



ウクレレの良い点は、楽器初心者であっても比較的すぐに弾けるようになるところです。

とはいっても、練習の仕方が悪いとなかなか上達しませんし、上達できないとイライラして面白くありませんよね?

そんな方にものすごくおすすめしたいのが、プロのウクレレ講師である 古川忠義先生が提供する初心者向けのウクレレDVD講座です



基本、DVD映像を使用してレッスンを行うため教室へ通う必要はなく、 外出自粛中でも気にせず練習できます。

また、教え方が絶妙にわかりやすいんですよね。

本で練習して挫折してしてしまった人でも、不器用な人でも、これならできるようになるだろうという内容です。

自宅にいながら好きな時間を利用して、楽譜が読めないレベルの初心者でも短期間でウクレレを上達させられます。

・教室に通わずウクレレが弾けるようになりたい
・楽譜が読めないけど、ウクレレをきれいに弾きたい

そんな方は、ぜひチェックしてみましょう。

ウクレレの講座や教室はたくさんあり、私自身もこれまでに様々なものをチェックしましたが、 ここまで徹底してわかりやすく教えてくれる通信講座はちょっとなく、見てみる価値があると思いますよ。



なお期間中に講座を申し込むことで、以下の「特典」が無料付属します。



上記は市販されていないものなので、貴重です。
この機会を逃したら、2度と同じものを手に入れられない可能性もあります。

本講座を申し込む場合は、無料特典がつく期間を狙って申し込むようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事









管理人について

買ったものや体験したこと、またお役立ち・お得情報など 生活のちょっとしたことについて記録するサイトです。

さまざまなテーマを扱っていますが、特にパソコンなどのガジェット系やプログラミング教育の記事多めです。

またアフィリエイト歴がかなり長く詳しいので、 アフィリエイトに関する情報や愚痴(?)もたまにつぶやくかもしれません。

サイト概要・プライバシーポリシーはこちら

Copyright © 2018 - 楽したい. All Rights Reserved.